交通事故は弁護士・横浜都筑の示談金相談へ

横浜都筑法律事務所

お問い合わせ

むちうち(頚椎捻挫等)

むちうち(交通事故によるむちうち)とは

交通事故にあい、むちうちに悩まされている方は多くいらっしゃいます。
むちうちとは、事故の衝撃で首が鞭(むち)打つように振られて、様々な症状を引き起こす受傷の態様です。その症状としては、首の痛み、頭痛、しびれ、めまい、腰痛、自律神経症状など様々です。
特に、追突事故でむちうちになるケースは、交通事故の代表的な受傷態様となっています。

むちうちの傷病名

むちうちは、事故の衝撃で首が鞭(むち)打つように振られるという受傷の態様をさす言葉であり、傷病の名前ではありません。
その受傷により、頚部の筋繊維が過度に伸長または部分断裂させられたり、末梢神経が脊髄から分岐する神経根が刺激・圧迫等されたり、交感神経に異常を生じさせられたり、などの現象が起こるとされています。
そして、医師の診断を受けて付けられる傷病名は、頚椎捻挫や、外傷性頚部症候群外傷性頭頚部症候群頚部挫傷バレー・リュー症候群など、様々です。

むちうち、と思ったらすぐ弁護士にご相談を

交通事故にあい、むちうちの症状がひどくても、MRI等の画像で異常は見つからないことがあります。また、むちうちの症状は、車が低速度で衝突した場合であっても生じることがあります。さらに、むちうちの症状には、被害者が事故直後は気付かなかったり、遅れて発症するものがあるとされています。
そして、むちうちの治療中、被害者にとっては思いのほか早い段階で、加害者側の保険会社から、これ以上治療を続ける必要はないと指摘されることがあります(治療費支払いの打ち切りを伴います)。
このため、交通事故でむちうちになったら、すぐに、むちうちに詳しい弁護士に相談し、なるべく早い段階で代理人として依頼なさることをおすすめします。

むちうちの後遺障害

交通事故による、むちうちの後遺障害については、次の3種類の可能性があります。

12級13号
  局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号
  局部に神経症状を残すもの
非該当
  (後遺障害なし)


後遺障害に該当するかどうかは、自覚症状に加え、治療当初からの画像診断、神経学的検査による所見、治療経過などによって判断されます。
画像診断はMRIが重要です。
むちうちの検査としては、次のようなものなどがあります。

  • 運動性検査
  • 筋力検査
  • 反射検査(深部腱反射、表在反射、病的反射等)
  • 神経根症状誘発テスト(スパーリングテスト、ジャクソンテスト)
  • 胸郭出口症候群の誘発テスト(アドソンテスト、ライトテスト、エデンテスト、モーレーテスト、ルーステスト)
  • 腰部神経の誘発テスト(ラセーグテスト、下肢伸展挙上テスト、大腿神経伸長テスト)

治療は怪我を治すことが目的ですので、治療の当初から後遺障害を認めてもらうための方法を考えるのはおかしな感じがしますが、適切な治療を受けても、その後に症状が残ってしまった場合に備える必要があります。そのときに妥当な後遺障害の認定を受けるために、治療の当初からすぐに、むちうちに詳しい弁護士に相談なさることをおすすめします。

交通事故 示談金について

ホームホーム
示談の時期・方法示談の時期・方法
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
お問い合わせお問い合わせ
示談チェック1 後遺障害慰謝料示談チェック1 後遺障害慰謝料
後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準
示談チェック2 後遺障害逸失利益示談チェック2 後遺障害逸失利益
後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入
後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率
後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間
減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係
示談チェック3 傷害慰謝料示談チェック3 傷害慰謝料
傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準
示談チェック4 休業補償(休業損害)示談チェック4 休業補償(休業損害)
休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入
休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数
減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係
示談チェック5 治療関係費示談チェック5 治療関係費
示談チェック6 過失割合・過失相殺示談チェック6 過失割合・過失相殺
交通事故被害 事故から解決までの流れ交通事故被害 事故から解決までの流れ
交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識
むちうち(頚椎捻挫等)
高次脳機能障害高次脳機能障害
脊髄損傷脊髄損傷
低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症
交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択

弁護士事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
弁護士と行政書士と司法書士の違い弁護士と行政書士と司法書士の違い
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ