交通事故は弁護士・横浜都筑の示談金相談へ

横浜都筑法律事務所

お問い合わせ

HOME > 示談チェック5 治療関係費用

示談チェック5 治療関係費用

Q:交通事故にあい、示談の提示をされたのですが、治療に関する費用としては、何を、どう検討すれば
  いいのでしょうか。

治療関係費用

主な治療関係費用の賠償項目は、以下の通りです(ただし、これが全てではありません)。

1.治療費

怪我の具体的な内容・程度に照らし、症状固定までに行われた必要かつ相当な治療費が、交通事故と相当因果関係のある損害として賠償が認められます。
他方、以下のような診療の治療費は、必要かつ相当な治療費と認められません。
*過剰診療・・・診療行為の医学的必要性ないしは合理性が否定されるもの。
*高額診療・・・診療行為に対する報酬額が、特段の事由がないにもかかわらず、社会一般の診療費水準に比して著しく高額な場合。

2.鍼灸・マッサージ費用

症状により有効かつ相当な場合、ことに医師の指示がある場合などは、損害として賠償が認められる傾向にあります。

3.入院雑費

入院中の日用品(寝具、衣類、洗面具等)、通信費(電話代、切手代等)や、新聞雑誌代などの諸雑費です。一般には細かい立証をせず、1日につき1,500円程度で請求します。

4.通院交通費

電車・バスの料金については、被害者本人が通院のため現実に支出した費用の全額が損害として賠償が認められます。
タクシー代については、タクシー利用の必要性・相当性が認められる必要があります。
自家用車を利用した場合は、その必要性・相当性があれば、往復のガソリン代や高速道路料金、病院等の駐車場料金などが認められます。

5.装具・器具等購入費

義足、義手、車椅子、眼鏡など、けがのため必要となった装具・器具の費用を、相当な範囲で請求できます。

6.付添看護費(付添費用)

入院中の付添費用については、一般に、付添いの必要性が認められる場合に事故と相当因果関係のある損害として賠償が認められます。医師の指示があれば原則として必要性が認められます。
通院の付添費用については、例えば、足を骨折して歩行できないときや、高次脳機能障害や幼児等のため一人では通院できないときなどに請求できるとされています。

7.その他

以上のほか、裁判では、症状固定後の治療費や、将来の手術費・治療費、将来の介護費、受傷による生活の不便を改善するための家屋改造費などが認められた例があります。

交通事故 示談金について

ホームホーム
示談の時期・方法示談の時期・方法
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
お問い合わせお問い合わせ
示談チェック1 後遺障害慰謝料示談チェック1 後遺障害慰謝料
後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準
示談チェック2 後遺障害逸失利益示談チェック2 後遺障害逸失利益
後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入
後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率
後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間
減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係
示談チェック3 傷害慰謝料示談チェック3 傷害慰謝料
傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準
示談チェック4 休業補償(休業損害)示談チェック4 休業補償(休業損害)
休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入
休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数
減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係
示談チェック5 治療関係費
示談チェック6 過失割合・過失相殺示談チェック6 過失割合・過失相殺
交通事故被害 事故から解決までの流れ交通事故被害 事故から解決までの流れ
交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識
むちうち(頚椎捻挫等)むちうち(頚椎捻挫等)
高次脳機能障害高次脳機能障害
脊髄損傷脊髄損傷
低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症
交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択

弁護士事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
弁護士と行政書士と司法書士の違い弁護士と行政書士と司法書士の違い
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ