• HOME
  • >
  • 示談の時期・方法

示談の時期・方法

示談の時期・方法

示談の時期

交通事故の示談をするうえでは、それによって一切解決とするものですから、損害賠償請求金額の内容が確定している必要があります。
それは、怪我が症状固定となり、さらに後遺障害の有無・等級が確定してからになります。

示談の時期

交通事故の示談をするうえでは、それによって一切解決とするものですから、損害賠償請求の内容が確定している必要があります。それは、怪我が症状固定となり、さらに後遺障害の有無・等級が確定してからになります。

示談の方法

被害者の方が弁護士に依頼していれば、弁護士が加害者側へ損害賠償の請求をして示談交渉をします。弁護士に依頼しない場合は、加害者が任意保険に加入していれば、その保険会社が被害者側へ損害賠償の提示をして示談を求めてきます。

示談の方法

被害者の方が弁護士に依頼していれば、弁護士が加害者側へ損害賠償の請求をして示談交渉をします。弁護士に依頼しない場合は、加害者が任意保険に加入していれば、その保険会社が被害者側へ損害賠償の提示をして示談を求めてきます。


弁護士に相談・依頼をするタイミング

交通事故の示談交渉について、加害者側の保険会社から損害賠償の提示があってから弁護士にご依頼なさる方もいらっしゃいます。
ただし、治療期間や通院先が問題となったり、治療中のことが示談交渉に影響したりということもあり得ます。このため、なるべく早めに弁護士にご依頼したほうがいいと思われる方が多く見受けられます。
少なくとも、弁護士へのご相談は早めになさることをおすすめします。

弁護士への相談・依頼時期

交通事故の示談交渉では、治療期間や通院先が問題となったり、治療中のことが示談交渉に影響したりということもあり得ます。このため、早めに弁護士に依頼したほうがいいと思われる方が多く見受けられます。
少なくとも、弁護士へのご相談は早めになさることをおすすめします。

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

よくある質問よくある質問

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ