交通事故は弁護士・横浜都筑の示談金相談へ

横浜都筑法律事務所

お問い合わせ

HOME > 示談チェック1 後遺障害慰謝料 > 後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)の自賠責基準と弁護士基準

交通事故の後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)には、自賠責基準といわれる基準と、弁護士基準(裁判基準)といわれる基準があり、これらの間で金額が異なっています。
交通事故の加害者側(保険会社)は、通常、このうち自賠責基準から考えるため、被害者から見ると納得しがたい金額になることが多いといえます。
後遺障害慰謝料(後遺症慰謝料)について、自賠責基準といわれる基準と、弁護士基準(裁判基準)といわれる基準の金額の目安は以下のとおりです。

後遺障害の等級
自賠責基準
(施行令別表第2の場合) 
弁護士基準
(裁判基準) 
1級 1,100万円 2,800万円
2級 958万円 2,370万円
3級 829万円 1,990万円
4級 712万円 1,670万円
5級 599万円 1,400万円
6級 498万円 1,180万円
7級 409万円 1,000万円
8級 324万円 830万円
9級 245万円 690万円
10級 187万円 550万円
11級 135万円 420万円
12級 93万円 290万円
13級 57万円 180万円
14級 32万円 110万円

※自賠責基準は、介護を要する後遺障害(施行令別表第1)については1級が1,600万円、2級が1,163万円となります。

交通事故 示談金について

ホームホーム
示談の時期・方法示談の時期・方法
交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用
ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ
電話相談(無料)電話相談(無料)
よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準
お問い合わせお問い合わせ
示談チェック1 後遺障害慰謝料示談チェック1 後遺障害慰謝料
後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準
示談チェック2 後遺障害逸失利益示談チェック2 後遺障害逸失利益
後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入
後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率
後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間
減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係
示談チェック3 傷害慰謝料示談チェック3 傷害慰謝料
傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準
示談チェック4 休業補償(休業損害)示談チェック4 休業補償(休業損害)
休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入
休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数
減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係
示談チェック5 治療関係費示談チェック5 治療関係費
示談チェック6 過失割合・過失相殺示談チェック6 過失割合・過失相殺
交通事故被害 事故から解決までの流れ交通事故被害 事故から解決までの流れ
交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識
むちうち(頚椎捻挫等)むちうち(頚椎捻挫等)
高次脳機能障害高次脳機能障害
脊髄損傷脊髄損傷
低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症低髄液圧症候群・脳脊髄液減少症
交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択

弁護士事務所案内

弁護士紹介弁護士紹介
当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由
アクセスマップアクセスマップ
弁護士と行政書士と司法書士の違い弁護士と行政書士と司法書士の違い
プライバシーポリシープライバシーポリシー
リンクリンク
サイトマップサイトマップ