• HOME
  • >
  • 交通事故の後遺障害

交通事故の後遺障害

  • HOME
  • >
  • 交通事故の後遺障害

後遺症は後遺障害認定の申請を

交通事故による怪我が症状固定に達したとき、まだ症状(後遺症)が残っていた場合、その後遺症が後遺障害に該当すると認められるためには、後遺障害等級の認定を申請する必要があります。
後遺障害等級が認定されれば、それによる慰謝料と逸失利益の賠償が生じるのが通常であり、これらについては以下の各ページで解説します(後遺障害は非該当という認定の場合、これらの賠償は生じません)。
 
 後遺障害慰謝料      
 
 後遺障害逸失利益     

このページでは、症状固定、後遺症、後遺障害、等級認定について解説します。


症状固定とは

症状固定とは、文字通り「症状が固定する」ということで、おおまかにいうと、治療によって、怪我の症状がこれ以上治療を続けても変わらない状態になることです。

必要な治療をしても、症状の感じ方としては、気温・湿度や、体の動かし方、薬などによって変化するという状態のまま続くことがあるかもしれません。

そのような感じ方の変化はあっても、症状の原因である怪我の状態がこれ以上治療を続けても変わらない状態になると、症状固定とされます。

裁判における症状固定の概念

交通事故の裁判実務では、症状固定になった時期が争われる場合など、もう少し厳密に考える必要が生じる場合があります。
その観点で、症状固定とは、「医学上一般に承認された治療方法をもってしても、その効果が期待しえない状態であることを前提に、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態」などとされています。

症状固定日

症状固定は、事故後に時間が経過する中でのある一点であり、何年何月何日に症状固定となったかが認定されます。
その日を、症状固定日といいます。

交通事故の賠償項目は症状固定日の前後で異なり、原則として、症状固定の前にについて怪我による治療費や休業損害、慰謝料(入通院慰謝料)などの賠償額を算定し、後遺障害に該当すると認定されれば、症状固定の後について後遺障害による逸失利益や慰謝料の賠償額を算定します。
症状固定日は交通事故賠償の内容を区分する、重要な役割を果たしているわけです。


後遺症と後遺障害

「後遺症」と「後遺障害」という言葉は、同じ意味で用いられることもありますが、厳密には以下のとおり異なります。

後遺症とは

後遺症とは、怪我が症状固定に達しても、身体的または精神的な症状が残った場合の、その症状のことです。
たとえば、動かせる範囲が制限されていたり、痛み・痺れがあったりなどです。
こうした後遺症は、法的には評価されていない、体の状態や感覚、診断などによるものとなります。

後遺障害とは

後遺障害とは、後遺症について、労働能力の低下または喪失という障害が生じたと法的に評価された状態のことです。
「等級」として類型化されて、自動車損害賠償保障法の施行令に規定されています。
その後遺障害等級表を以下のページに掲載します。
    後遺障害等級表   


後遺障害の等級認定

交通事故による怪我の後遺症が法的に後遺障害に該当するかどうかについては、加害者が自賠責保険に加入している場合、認定機関である損害保険料率算出機構に認定してもらい、後遺障害に該当する場合は等級の認定をしてもらいます。
なんらかの後遺症があっても後遺障害は非該当という認定もありえます。

事前認定と被害者請求

交通事故による後遺障害等級認定の申請については、「事前認定」と「被害者請求」という2種類の方法があります。

事前認定は、加害者が任意保険に加入している場合に、その任意保険会社から後遺障害認定を申請する方法です。
被害者請求は、被害者自身が加害者側の自賠責保険会社を通じて後遺障害認定を申請する方法です。

異議申立

後遺障害に該当はしたものの認定された等級に不服がある場合や、非該当という認定に不服がある場合、損害保険料率算出機構に異議申立をして、再審査をしてもらうことができます。
ただし、新たな医学的証拠がないと、なかなか異議申立は通らないのが実情です。