• HOME
  • >
  • 交通事故・示談までの流れ

交通事故・示談までの流れ

  • HOME
  • >
  • 交通事故・示談までの流れ

症状固定・等級認定を経て示談交渉へ

交通事故で怪我をした場合の、事故発生から示談までの流れをご案内します。
治療による症状固定が大きな区切りとなり、相手保険会社から治療費打切り通告をされることがあります。
症状固定後、後遺症が残った場合は後遺障害等級認定を経て、示談交渉に移ります。

  • 下線箇所はクリックすれば該当ページへ移動できます。
  • 表示がおかしいときはブラウザのキャッシュをクリアお願いします。

① 交通事故の発生

  • 交通事故の発生から次への矢印
    救急車を呼ぶ
  • 警察へ連絡
  • 可能な範囲で保険会社などへ連絡

 
 

② 治療(通院・入院)

早めのご相談をおすすめします

症状固定

(これ以上治療を続けても変わらない状態)
 後遺症が残った場合

弁護士にご相談ください

 

後遺障害等級認定

 

⑤ 損害賠償の提示又は請求

  • 損害賠償の提示又は請求から次への矢印
    相手保険会社から損害賠償の提示をされることがあります。
  • 弁護士に依頼すれば弁護士から損害賠償請求します。
弁護士へのご依頼をおすすめします 

 
 

示談交渉

この時までにはご相談・ご依頼を

① 交通事故の発生

  • 交通事故の発生から次への矢印
    救急車を呼ぶ
  • 警察へ連絡
  • 可能な範囲で保険会社などへ連絡

 
 

② 治療(通院・入院)

早めのご相談をおすすめします
 

症状固定

(これ以上治療を続けても変わらない状態)
 後遺症が残った場合

弁護士にご相談ください

 

後遺障害等級認定

 
 

⑤ 損害賠償の提示又は請求

  • 損害賠償の提示又は請求から次への矢印
    相手保険会社から損害賠償の提示をされることがあります。
  • 弁護士に依頼すれば弁護士から損害賠償請求します。
弁護士へのご依頼をおすすめします 

 

示談交渉

この時までにはご相談・ご依頼を

示談成立・賠償金の受領


以上が全てとは限りません。
示談決裂の場合、次の手続を、裁判、調停、裁判外紛争解決手続(ADR)から選択します。

交通事故の示談について、さらに具体的には横浜都筑法律事務所の弁護士にご相談ください。