傷害慰謝料(入通院慰謝料)の自賠責基準と弁護士基準

傷害慰謝料(入通院慰謝料)
の自賠責基準と弁護士基準

交通事故の傷害慰謝料(入通院慰謝料)には、自賠責基準といわれる基準と、弁護士基準(裁判基準)といわれる基準があり、これらの間で金額が異なっています。


自賠責基準

自賠責保険では傷害慰謝料は1日当たり4,200円とされています。
「実治療日数×2」と「治療期間」で少ない方に4200円をかけて算出します。
例えば、実治療日数30日(×2=60日)、治療期間90日の場合、傷害慰謝料の額は、
4,200円×60日=252,000円となります。

弁護士基準(裁判基準)

弁護士基準(裁判基準)では、他覚所見がある場合、原則として治療期間を基準に当てはめます。
例えば、通院期間3か月であり、これに基づき算出する場合、傷害慰謝料の額は730,000円とされています。
むち打ち等で他覚所見がない場合、治療期間を限度として、実治療日数の3倍程度を目安とします。
例えば、実通院日数の3倍が3か月であり、これに基づき算出する場合、傷害慰謝料の額は530,000円とされています。
一般に弁護士基準(裁判基準)の方が高く設定されているわけです。

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

電話相談(無料)電話相談(無料)

よくある質問よくある質問

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 事故から解決までの流れ交通事故被害 事故から解決までの流れ

交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識交通事故被害 後遺症・後遺障害の基礎知識

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

アクセス案内アクセス案内

弁護士と行政書士・司法書士の違い弁護士と行政書士・司法書士の違い

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンク一覧リンク一覧

サイトマップサイトマップ