• HOME
  • >
  • 示談チェック2 後遺障害逸失利益

示談チェック2 後遺障害逸失利益

示談チェック2
後遺障害逸失利益

交通事故における後遺障害逸失利益の位置づけ

後遺障害逸失利益(後遺症逸失利益)とは、交通事故の後遺障害による労働能力の低下または喪失によって生じる収入の喪失です。その収入の喪失分を損害として賠償するのが、後遺障害逸失利益(後遺症逸失利益)の賠償ということになります。
交通事故による収入の喪失としては、症状固定になる前と後とで次の種類があります。
症状固定の前・・・休業損害
症状固定の後・・・後遺障害逸失利益
後遺障害逸失利益は、症状固定後に後遺障害等級が認定された場合の損害であり、保険会社の示談金提示では、後遺障害による損害の中の一つ目に記載されるのが通常です。

後遺障害逸失利益とは

後遺障害逸失利益とは、交通事故の後遺障害による労働能力の低下または喪失によって生じる収入の喪失です。
交通事故による収入の喪失としては、症状固定になる前と後とで次の種類があります。
症状固定の前・・・休業損害
症状固定の後・・・後遺障害逸失利益
後遺障害逸失利益は、症状固定後に後遺障害等級が認定された場合の損害であり、保険会社の示談金提示では、後遺障害による損害の一つ目に記載されるのが通常です。

後遺障害逸失利益(後遺症遺失利益)の計算方法

交通事故の後遺障害逸失利益を算定する一般的な計算式は次の通りです。
  〔後遺障害逸失利益の一般的な計算式〕
     基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間の中間利息控除係数
以下、各要素についてご説明します。

後遺障害逸失利益の計算式

交通事故の後遺障害逸失利益を算定する一般的な計算式は次の通りです。
  基礎収入
× 労働能力喪失率
× 労働能力喪失期間の中間利息控除係数
以下、各要素についてご説明します。

後遺障害逸失利益(後遺症遺失利益)の算定要素

それぞれクリックしていただくと、該当ページへ移ります。

1.基礎収入

原則として事故前の現実の収入額を基礎とします。

後遺障害逸失利益の要素

それぞれクリックしていただくと、該当ページへ移ります。

1.基礎収入

原則として事故前の現実の収入額を基礎とします。

2.労働能力喪失率

後遺障害(後遺症)により労働能力が低下または喪失した割合です。

2.労働能力喪失率

後遺障害により労働能力が低下または喪失した割合です。

3.労働能力喪失期間

後遺障害(後遺症)による労働能力の低下または喪失が継続する期間です。

3.労働能力喪失期間

後遺障害による労働能力の低下または喪失が継続する期間です。

4.中間利息控除

将来の利息分を差し引いて賠償額を計算します。

4.中間利息控除

将来の利息分を差し引いて賠償額を計算します。

計算例

さきほど、後遺障害逸失利益の賠償額を算定する一般的な計算式を次の通り申し上げました。
基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間の中間利息控除係数
例えば、基礎収入が500万円、労働能力喪失率が14%、労働能力喪失期間が30年であれば、30年の中間利息控除係数(ライプニッツ係数)は15.3725ですから、後遺障害逸失利益は次の通り算出されます。
500万円×0.14×15.3725=1076万0750円

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

よくある質問よくある質問

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ