• HOME
  • >
  • 示談チェック4 休業補償(休業損害)

示談チェック4 休業補償(休業損害)

示談チェック4
休業補償(休業損害)

交通事故における休業補償(休業損害)の位置づけ

休業補償(休業損害の賠償)とは、交通事故で怪我をして、治療期間中に休業し、または十分に働くことができなかったことによって生じる、収入の喪失です。この喪失分を損害として賠償するのが休業補償であり、裁判所・弁護士・保険会社は、休業損害という用語を使うのが一般です。
交通事故による収入の喪失としては、次の種類があります。
症状固定の前・・・休業損害
症状固定の後・・・後遺障害逸失利益
休業損害は、症状固定前の損害であり、保険会社の示談金提示では、傷害による損害の中で、治療費と傷害慰謝料の間に記載されるのが通常です。

交通事故の休業損害とは

休業損害とは、交通事故で怪我をして、治療期間中に休業し、または十分に働くことができなかったことによって生じる、収入の喪失です。
交通事故による収入の喪失としては、次の種類があります。
症状固定の前・・・休業損害
症状固定の後・・・後遺障害逸失利益
休業損害は、症状固定前の損害であり、保険会社の示談金提示では、傷害による損害の中で、治療費と傷害慰謝料の間に記載されるのが通常です。



休業補償(休業損害)の計算方法

交通事故による休業補償(休業損害)を算定する一般的な計算式は次の通りです。

  〔休業損害の一般的な計算式〕
     事故前の収入(基礎収入)の日額 × 症状固定までの休業日数

休業損害の計算方法

交通事故による休業損害を算定する一般的な計算式は次の通りです。

  事故前の収入(基礎収入)の日額
× 症状固定までの休業日数

休業補償(休業損害)の算定要素

それぞれクリックしていただくと、該当ページへ移ります。

1.基礎収入

休業損害の資料として、一般的には、「休業損害証明書」や「賞与減額証明書」があります。
「休業損害証明書」には、事故前3か月間の給与の額を記載する欄があります。これにより、基礎収入を算出することができます。
ただし、労働形態によっては、他の検討が必要となります。 

2.休業日数

「休業損害証明書」には、交通事故を原因とする欠勤・有給休暇取得の日数、遅刻・早退の回数などを記載する欄もあります。

休業損害の算定要素

それぞれクリックしていただくと、該当ページへ移ります。

1.基礎収入

休業損害の資料として、一般的には、「休業損害証明書」や「賞与減額証明書」があります。「休業損害証明書」には事故前3か月間の給与の額を記載する欄があり、基礎収入を算出することができます。
ただし、労働形態によっては、他の検討が必要となります。 

2.休業日数

「休業損害証明書」には、交通事故を原因とする欠勤・有給休暇取得の日数、遅刻・早退の回数などを記載する欄もあります。

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

よくある質問よくある質問

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ