後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の
労働能力喪失率

後遺障害逸失利益における労働能力喪失率の視点

後遺障害逸失利益の計算では、事故がなかった場合に比べ、どれぐらいの割合で収入の減少があったかが計算要素となります。その割合が労働能力喪失率です。 

労働能力喪失率の視点

後遺障害逸失利益の計算では、事故がなかった場合に比べ、どれぐらいの割合で収入の減少があったかが計算要素となります。その割合が労働能力喪失率です。 



後遺障害等級ごとの目安

労働能力喪失率は、後遺障害の等級ごとに目安があり、以下の通りです。示談交渉ではこの割合で決着することが多く、裁判でもおおむね尊重されています。
 

等級 労働能力喪失率
1級 100%
2級 100%
3級 100%
4級 92%
5級 79%
6級 67%
7級 56%
8級 45%
9級 35%
10級 27%
11級 20%
12級 14%
13級 9%
14級 5%
 

後遺障害等級ごとの目安

労働能力喪失率は、後遺障害の等級ごとに目安があり、以下の通りです。示談交渉ではこの割合で決着することが多く、裁判でもおおむね尊重されています。
 

等級 労働能力喪失率
1級 100%
2級 100%
3級 100%
4級 92%
5級 79%
6級 67%
7級 56%
8級 45%
9級 35%
10級 27%
11級 20%
12級 14%
13級 9%
14級 5%
 

労働能力喪失率の個別具体的判断

労働能力喪失率は、上記で目安を掲げましたが、厳密には、被害者の職業、年齢、後遺障害の部位、程度などを総合的に判断するものです。このため、個別具体的な事情により修正されることもあります。

個別具体的判断も

労働能力喪失率は、上記で目安を掲げましたが、厳密には、被害者の職業、年齢、後遺障害の部位、程度などを総合的に判断するものです。このため、個別具体的な事情により修正されることもあります。

交通事故示談金についてMENU
交通事故示談の弁護士相談交通事故示談の弁護士相談

示談の時期・方法示談の時期・方法

交通事故の弁護士費用交通事故の弁護士費用

よくある質問よくある質問

お問い合わせお問い合わせ

後遺障害慰謝料後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準後遺障害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

後遺障害逸失利益後遺障害逸失利益

後遺障害逸失利益の基礎収入後遺障害逸失利益の基礎収入

後遺障害逸失利益の労働能力喪失率

後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間後遺障害逸失利益の労働能力喪失期間

減収の有無と後遺障害逸失利益の関係減収の有無と後遺障害逸失利益の関係

傷害慰謝料傷害慰謝料

傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準傷害慰謝料の自賠責基準と弁護士基準

休業補償(休業損害)休業補償(休業損害)

休業補償(休業損害)の基礎収入休業補償(休業損害)の基礎収入

休業補償(休業損害)の休業日数休業補償(休業損害)の休業日数

減収の有無と休業補償の関係減収の有無と休業補償の関係

治療関係費治療関係費

過失割合・過失相殺過失割合・過失相殺

交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択交通事故被害 示談か裁判(訴訟)かの選択
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

サイトマップサイトマップ